スキンケア 美容男子への第一歩

【メンズ向け】スキンケアの手順とやり方!清潔感アップで好印象を狙え!

スキンケアにチャレンジしたいけど順番ややり方が分からない。

そもそも化粧水とか乳液って何のために使うの?

 

スキンケア初心者のメンズにとって化粧水や乳液の使い方、それぞれの順番が分からないという方も多いと思います。
本記事ではそんな疑問を解決すべく、分かりやすく解説していきます。

 

・本記事の内容

・そもそもスキンケアってなに?
・メンズにスキンケアが必要な理由
・メンズが使えるスキンケアアイテム
・スキンケアの手順とやり方について

 

ビューティー太郎
スキンケアに興味を持ち始めたメンズにとって、有益な情報になっているから是非参考にしてみてね。

 

肌がきれいになると人からの印象が大きく変わってくるからね。
気持ちが明るくなってプライベートや仕事にも良い影響をもたらしてくれます。

 

スキンケアで肌をきれいにすることは、メリット有りまくりです!
本記事を参考に、スキンケアにチャレンジしてみてね。

 

 

もくじ

スキンケアとは

ポイント

スキンケアとは「肌のお手入れ」!

肌はほこりや汚れ、自分の汗に皮脂、紫外線といったダメージを日常的に受けています。
また、加齢による水分保持機能や代謝機能の低下による老化もあります。

 

スキンケアは皮膚についた汚れを洗浄し、紫外線から肌を守り栄養を与えて肌の調子を整えること。

 

ビューティー太郎
スキンケアをするとしないとでは、見た目の印象が大きく変わってくるからね。

清潔感を上げるためにも、スキンケアはなるべく早く始めるべきです。

 

 

メンズがスキンケアをする必要性

男は黙って洗顔だけしとけばいいんじゃない。

 

そういって洗顔だけしているメンズも多いと思いますが、化粧水や乳液を使った保湿も凄く大切!
何故ならメンズの肌は意外と繊細で、ダメージを受けているから。

 

メンズにスキンケアが必要な理由

  • 乾燥しがち
    ⇒肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌されて肌がテカる
  • ダメージが多い
    ⇒髭剃りによって日常的に肌はダメージを受けている
  • 肌の老化
    ⇒日焼け止めを使わない!紫外線によって肌のバリア機能が低下、ダメージも蓄積
  • 皮脂分泌量が多い
    ⇒皮脂量が多く洗顔回数が多い、洗いすぎると乾燥して逆にテカりやベタつきの原因になる
  • 深いしわができやすい
    ⇒加齢による皮脂量の低下、肌全体は乾燥しているのにTゾーンはべたべた。
    ダメージによって深いしわができやすい

 

男の印象は肌で大きく変わります。
シミやシワが多く油ギッシュでぎとぎとでべたべたの人と、肌がキレイでぷるんぷるん、若々しい肌の人とだとどちらが印象が良いでしょうか?

 

これはもちろん後者です。

 

 

ポイント

スキンケアをすることで肌の調子が整い、清潔感が上がり周囲からの印象が良くなるよ。

それに外見だけではなく、肌がきれいになることで自分に自信が持てて気分が明るくなって意識が向上します。

 

ビューティー太郎
今まで洗顔で適当に顔洗っていただけのメンズには、是非スキンケアにチャレンジしてもらいたい!

 

 

メンズのスキンケアに必要なアイテム

メンズのスキンケアアイテムって何があるの?どれが必要なの?

 

スキンケアアイテムをしっかりと揃えようとすると、これだけあります。

スキンケアアイテム

・クレンジング
・洗顔料
・化粧水
・美容液
・乳液
・クリーム
・日焼け止め
・スチーマー

 

ただし全部揃えて使えばいいという訳ではありません!

 

ビューティー太郎
脂性肌で脂が出やすい肌の方は、洗顔料と化粧水だけで十分な場合もあるよ。

 

それから季節によっても変わってきます。
例えば夏の暑い時は洗顔料と化粧水だけ、冬の乾燥する時期は乳液を合わせて使うというやり方もおすすめです。

 

肌質は人によって様々なので、気合を入れて全部そろえる必要はありません。

 

 

メンズスキンケアの手順

 

図解 メンズスキンケアの手順

 

ビューティー太郎
ただしこれが必ず正解という訳でもないから注意してね!

 

例えばメイクをしていないならクレンジングはいらないし、夜に日焼け止めを塗る必要はない。
それから乳液やクリームをつけない方が肌の調子が良い方もいますし、メーカーによっては乳液先行をおすすめしている場合もあります。

 

絶対的な正解はありませんが、この手順がある程度一般的なスキンケアの流れになります。

 

 

クレンジングの効果

クレンジングは、日焼け止めやファンデーションといった化粧品を落とすことができる。

ファンデーションやコンシーラーといった油性のアイテムや、ウォータープルーフ(防水)の日焼け止めを落とすのに使います。

 

ビューティー太郎
メイクをしない、日焼け止めを使わない方にとっては必要のない物になるよ。

 

クレンジングが必要ない方は「洗顔の効果」から読んでね。

 

 

クレンジングの手順とやり方

クレンジングの手順

  • 手を洗う
  • クレンジングクリームやミルクを手にとる
  • クレンジングクリームやミルクを手で温める
  • TゾーンからUゾーンの順番で肌になじませる
  • 洗い流す

クレンジングの手順はこちら。
それぞれの詳しいやり方を解説していきます。

 

 

①手を洗う

まず一番最初は必ず手を洗うこと!

手を洗っているイラスト
手には様々な菌が付着しているから、汚れた手で顔を触るのは良くないよ。

 

きちんと手を洗い、洗い終わった後はタオルで水気が残らないようにしっかりと拭きましょう。

 

 

②クレンジングクリームやミルクを手にとる

使用する量は製品によって変わるので、パッケージや説明書を確認してみて下さい。

スキンケアアイテムを手のひらにのせている

標準的には500円玉大が目安になります。

 

 

③クレンジングクリームやミルクを手で温める

クレンジングを手に出したらすぐには塗らずに、手でもみ込むようにして温めましょう。
温めることで顔に馴染みやすくなります。

 

寒い時期なんかは前もって、お湯で手を温めておくと良いよ。

 

 

④TゾーンからUゾーンの順番で肌になじませる

皮脂の分泌量が多く、オイリーなTゾーンから馴染ませた後に、Uゾーンに馴染ませる。

スキンケア、TゾーンからUゾーンへ

 

ちなみに頬だけ目元だけと部分的にメイクをしている場合は、その箇所だけクレンジングを馴染ませましょう。

 

 

⑤流す時は優しく

洗い流す前に、顔全体に水を馴染ませるとすすぎが楽に出来るようになります。

洗顔をしているイラスト

 

洗い流す時、ごしごしと洗うのはだめだよ!
優しくぬるま湯でパシャパシャと顔につけるイメージで洗い流しましょう。

目安としては20回程度で、クレンジングがしっかりと落ちるまですすぎましょう。

 

以上がクレンジングの手順とやり方になります。

 

 

洗顔の効果

洗顔をすることで肌についたほこりや雑菌といった汚れを落とします。
肌を清潔に保つために洗顔は必須。

女性と比べて皮脂の分泌量が多い男性。
しっかり洗わないと肌荒れやニキビ、毛穴詰まりの原因に繋がります。

 

ビューティー太郎
正しいやり方でしっかりと、肌の汚れを落としていこうね。

 

 

洗顔の手順とやり方

洗顔の手順

  • 手を洗う
  • 顔全体を濡らす
  • 手のひら(泡立てネット)に適量の洗顔料を出す
  • 水またはぬるま湯でしっかりと泡立てる
  • 皮脂が出やすいTゾーンからUゾーンの順に洗う
  • すすぎ残しがないよう洗い流す
  • 清潔なタオルでふき取る

 

ポイント

洗顔後は化粧水をつけていくから、事前に拭き取るタオルも準備しておこう。

 

 

①手を洗う

まず一番最初は、クレンジングの手順と同様に必ず手を洗うこと!

手を洗っているイラスト
手には様々な菌や汚れが付着しているから、汚れた手で顔を触るのは良くない。
しっかりと手を洗ってから洗顔するようにしましょう。

 

 

②顔全体を濡らす

洗顔料で顔を洗う前に、ぬるま湯で予洗いしておきましょう。
毛穴が開くことで汚れが落ちやすくなります。

 

 

③手のひら(泡立てネット)に適量の洗顔料を出す

洗顔料の適量は商品によって異なるので、パッケージや説明書を確認しておきましょう。

 

ポイント

洗顔料を泡立てる時は、泡立てネットを使うのがおすすめ!

手のひらで泡を作るより、泡立てネットを使った方が泡立ちが良くなります。

 

 

④水またはぬるま湯でしっかりと泡立てる

洗顔料はしっかりと泡立てましょう!
さっきも書いたけど、泡立てネットを使うことでより泡立ちが良くなります。

 

注意ポイント

洗顔料をそのままつけて洗ったり、荒い泡立ちはNGだから気を付けてね!

 

 

⑤皮脂が出やすいTゾーンからUゾーンの順に洗う

洗顔の順番はTゾーンからUゾーン。

スキンケア、TゾーンからUゾーンへ

 

皮脂が出やすい顔の中心、額や鼻周りから洗い始めます。
円を描くように内側から外側へと洗っていきます。

 

ポイント

力強くごしごしと洗うのは肌を傷つけるからNG!
泡を転がすように優しく洗うのがポイント。

 

 

⑥すすぎ残しがないよう洗い流す

ぬるま湯でしっかりと泡を洗い流します。

洗顔をしているイラスト

 

泡が残っていると肌荒れの原因に繋がるので、洗い残しがないようしっかりとすすいでね。

 

 

⑦清潔なタオルでふき取る

洗い流した後は清潔なタオルで水分を拭き取ります。
タオルでふき取る時もごしごしと拭き取るのではなく、タオルに水分を吸収させるイメージで優しく拭き取りましょう。

 

 

化粧水の効果

洗顔後の肌は徐々に水分量が減っていきます。
しっかりと肌のうるおいを保つためにも化粧水は必須。

肌が乾燥しているとカサつきや粉ふきが出るので、見た目の印象が悪い。
それに乾燥すると、水分不足を補うために皮脂を過剰に分泌し、顏がテカってしまいます。

 

ビューティー太郎
特に日本人は肌の水分量が少ない傾向にあるから、化粧水を使ってきっちり保湿していこう。

 

 

化粧水の手順とやり方

化粧水の手順

  • 手のひらに適量の化粧水をとる
  • 顔全体に馴染ませる
  • 手のひらを使い優しくハンドプレス
  • 化粧水が浸透すればOK!

 

化粧水の手順はこちら。
それぞれの詳しいやり方について解説していきます。

 

 

①手のひらに適量の化粧水をとる

化粧水の適量は商品によって異なるので、パッケージや説明書を確認しておきましょう。
一般的には500円玉程度の大きさになります。

オルビスミスターの化粧水を出す

 

適量をだしたら手のひら全体に広げていきます。

 

 

②顔全体に馴染ませる

内側から外側に、下から上へと優しく顔全体に化粧水を馴染ませます。

ポイント

両頬に額、口、鼻、顎下、首に優しくなじませましょう。

 

 

③手のひらを使い優しくハンドプレス

手のひら全体を使い、顔全体を優しく包み込むようにハンドプレス。

ぺちぺちと叩きながら浸透させるのではなく、肌に化粧水を押し込むようにハンドプレスしてきます。

 

 

④化粧水が浸透すればOK!

ハンドプレスして化粧水が浸透すれば完了です。
手が肌に吸い付く感覚までいけばOK。

 

もし足りないと感じたら、その部分だけ再度化粧水をつけていきます。

 

 

美容液の効果

保湿、毛穴のケア、美白、シミやシワの予防、肌荒れ改善、ニキビケア、弾力やハリといった効果をもたらすのが美容液。

 

美容液は多種多様ですが今のところメンズ用は少なめということもあり、使っている方は少ないかもしれません。
ただ女性用を使うことも可能なので、あなたの目的に合った美容液を使いましょう。

 

ビューティー太郎
洗顔や化粧水は必須に近いアイテムですが、美容液は必要な場合にのみプラスアルファで使う感じだよ。

 

 

美容液の手順とやり方

美容液の手順

  • 手のひらに適量の美容液をとる
  • 両手全体に広げる
  • 頬と額につけて、内側から外側、下から上へと肌になじませる
  • 手のひらを使い優しく顔全体をハンドプレス

 

一般的には化粧水をつけた後に美容液を使うけど、導入美容液といった化粧水の前に使う美容液もあります。

 

 

乳液・クリームの効果

乳液やクリームには、肌の水分を逃がさない「ふた」のような効果があります。

 

洗顔後の化粧水で肌にうるおいを与えて保湿する、その水分を逃がさないように乳液やクリームをつけます。

ポイント

乳液とクリームはほぼ同じ役割だけど、保湿力はクリームの方が高い。
乾燥が気になる方は乳液を付けた後にクリームをつけます。

 

ビューティー太郎
肌質によっては乳液もクリームも必要ない方もいるよ。
肌が乾燥して、カサつきや粉ふきが気になる場合は乳液やクリームを使っていこうね。

 

 

乳液・クリームの手順とやり方

乳液・クリームの手順

  • 適量を手のひらに出す
  • 軽く温めながら、手のひらで広げる
  • 顔全体に優しくなじませる
  • ハンドプレスで肌に浸透させる

乳液やクリームの手順はこちら。
それぞれの詳しいやり方を解説していきます。

 

①適量を手のひらに出す

乳液(クリーム)を出す量の目安は10円玉程度。
ただし商品によって適量は変わるので、パッケージや説明書を確認しておきましょう。

バルクオムの乳液

 

 

②軽く温めながら、手のひらで広げる

乳液(クリーム)が冷たいままだとムラが出来やすく、また肌にとって刺激になるため手のひらで伸ばしながら温めます。

バルクオムの乳液を伸ばす

 

 

 

③顔全体に優しくなじませる

顔の中心から外側へと顔全体にやさしく馴染ませます。
口の周りや目元、鼻といった箇所は指先も使いながら塗っていくよ。

 

ビューティー太郎
力強くつけていくと肌が傷つくから、優しく塗っていこうね。

 

 

④ハンドプレスで肌に浸透させる

顔全体に馴染ませたら、手のひらや指の腹を使ってハンドプレス。
肌に浸透すればOKです。

 

以上がスキンケアの手順とやり方になります。
スキンケアをする際にぜひ参考にしてみてね。

 

 

おすすめのメンズスキンアイテム

スキンケアのやり方はわかったけど、種類が多くてどれを使えば良いのか分からない。

 

そんなあなたにはオルビスミスターがおすすめです。

ポイント

メンズ特有の「カサつき・ベタつき・肌荒れ」に効果的、コスパの良さから無理なく続けられる。

 

安心のオルビスのメンズブランドで無香料・無着色・アルコールフリーだから低刺激で使いやすい。
スキンケア初心者ならオルビスミスターが使いやすくておすすめです。

 

オルビスミスターの使い心地や、コスパについてはこちらの記事を見てみてね。

【オルビスミスター】トライアルセット使ってみた!洗顔料と化粧水の口コミ6選

続きを見る

オルビスミスターはコスパが良い?1日あたりの値段を計算してみた

続きを見る

 

オルビスミスターならトライアルセットで1週間分お試しが出来るから、あなたの肌に合うかどうかを試せます。

 

 

まとめ!正しい手順でメンズもスキンケアをしよう!

 

 

最後にもう一度上の画像でスキンケアの順番をおさらい。

 

肌質によっては乳液やクリームを使う必要がない方もいますし、反対に化粧水や乳液だけでは物足りない、という場合は美容液を使うのもおすすめです。

 

おすすめのスキンケア方法

脂性肌で脂が出やすい・・・・・洗顔料+化粧水
乾燥肌・部分的に乾燥する・・・洗顔料+化粧水+乳液(クリーム)

 

ビューティー太郎
これが絶対に正解というスキンケアはないので、どのスキンケアが必要か色々と試すのも楽しいよ。

 

 

 

メンズのスキンケアアイテムならオルビスミスター!
まずは最初にトライアルセットでお試しするのがおすすめです。

 

  • この記事を書いた人

ビューティー太郎

男は30代からでもかっこよくなれる。 メンズ美容アドバイザーのビューティー太郎です。 お家で手軽にできる男の美容をメインに実践方式で紹介! 美容を少し意識するだけで見た目の改善はもちろん、気持ちも上がってポジティブになれます。

-スキンケア, 美容男子への第一歩